お得に買い物をするために!


 Twitter や Instagram を見ていると、
 「コストコ行ったことない!」という方が意外と多いんだな~と感じています。 

 ここでは
 「初めて行くよ!」という方にも安心してお買い物を楽しんでいただけるよう 
 お得な情報や会員の選び方についてお伝えします!


▶ 会員証について


 コストコが会員制なのは知っているけれど、どれにしたらいいの? 





カードの作り方など詳しく書かれているサイトは無数にありますので、ここでは

何がお得なのか、わかりやすいように簡単に、要点だけお伝えしますね!




3種類あるコストコ会員証について少しおさらい!

会員種別 個人会員 法人会員 エグゼクティブ会員
 
年会費 4,840円 (税込) 4,235円 (税込) 9,900円 (税込)
資格 18歳以上の方が対象 18歳以上の会社経営
個人事業主が対象
18歳以上の方が対象

 

※全カード共通項目

▶ 全世界のコストコ倉庫店で利用可能
▶ 世帯を同一とするご家族(18歳以上)のカードを1枚、
 無料で作ることができますのでこれは必ず作成しましょう!



【注意事項】

コロナ禍の現在、当面の措置として
会員カード1枚につき家族1名のみ同伴入店が可能と変更されております。

(※入店時、家族関係の確認はされません)

18歳未満のご家族につきましてはその制限はなく、何人でも同伴をさせることが可能です。


▶ 会員証を作るために


 会員証を作る手順はふたつ! 
 店頭で申し込みをして作るか、予めWEBで仮申し込みをしておくか! 


コストコ店舗カウンターで直接申し込みをする(即日発行)


① コストコ店舗の案内カウンターで入会を申し出る
② 申し込み用紙に住所等の必要事項を記入し提出
③ 免許証等の身分証明書を見せ、会員カード用の顔写真撮影
④ 注意事項など簡単な説明を受けている間に会員カードが完成しています

コストコでの身分証明書とは…
運転免許証、保険証、パスポート、直近の住民票、障害者手帳、マイナンバーカードは不可✖


WEBサイトで申込後、コストコ店舗で会員カードを受け取る


コストコのオンライン入会ページ から仮会員登録を行う
② コストコの店舗にて「会員カードの受け取りをしたい」と案内カウンタースタッフに申し出る
③ 免許証等の身分証明書を見せ、会員カード用の顔写真撮影
④ 注意事項など簡単な説明を受けている間に会員カードが完成しています

コストコでの身分証明書とは…
運転免許証、保険証、パスポート、直近の住民票、障害者手帳、マイナンバーカードは不可✖


ただ、どのみち必ず店頭へ行かなければならないこと、
顔写真撮影や身分証明書の提示もありますので面倒でしたら店頭での当日受付で大丈夫です。

 住所氏名など、WEBで事前登録をしておけば当日ほんの少しだけ楽なだけ~ 
 のんびりさんや、焦っちゃう人はこっち。



▶ 会員カードの選び方


 せっかちな方のために結論を先に書きますと 
 まずはここがカード選択の分かれ目…



とりあえず面倒くさい! 早くコストコ行きたい! ⇒ 個人会員の 4,840円 (税込)

年会費が高い! 少しでも安くお得にしたい! ⇒ 法人会員の 4,235円 (税込)


 ん?そりゃ年会費は少しでも安いと嬉しいけれど個人事業主じゃないし… 
 サラリーマンだと作れないでしょ?


安心をしてください!

別に会社経営者でも個人事業主でなくても「コストコ法人カードは作れます」



法人カード申し込みに必要な書類は、

◆ 会社屋号、事業所の所在地、代表電話番号、代表者の役職 / 氏名の記載のある名刺 
◆ 上記の代表者名と一致した身分証明書

 個人会員の申し込みで必要なものに加え、あとこれだけで作れます。 
 つまりどういうことかと言うと…?



自宅のコピー機を使って、今この瞬間に自分の会社の名刺を作れば良いのです。

コストコは入会受付時に登記簿と照らし合わせなどの会社確認を行いません。
あなたの提出した書類(名刺)を100%信用します。


つまり…? 皆まで言わずともわかりますよね! そういうことです。




法人会員のメリットとして、

▶ 会員費が一番安い
▶ 法人会員限定のイベントがある
▶ 法人会員のみに送られる案内メールがある
▶ 営業担当スタッフが付く


このようなメリットもありますので、
費用対効果を考えられるのでしたら通常の個人会員より法人会員がオススメです


※名刺のみで法人カード作成が可能であることはコストコのお客様サポートセンターでも確認済


 そして! 最大の問題はココ!
 エグゼクティブ会員がお得なのかどうか

 当たり前ですが、これはコストコで
 「1年間にどれくらいの買い物をするか」 によって判断ができます。 



コストコのエグゼクティブ会員の概要を見ますと…

 ▶年間購入金額の最大2%キャッシュバックリワードを獲得 
 ▶年4回以上実施されるエグゼクティブ会員限定の特別割引クーポン進呈 


 なんだこれー! リスには難しくてよくわかりません!
 
 これからコストコに通うつもりだよ! 
 という方のために損益分岐点は簡単にこうなります。 



495,000円(年購入金額)×0.02% = 9,900円(エグゼクティブ年会費)



ということで、1ヶ月に41,250円のお買い物があれば年会費をペイできる計算です。
貯まったポイントはお買い物時の支払いに利用可能


エグゼクティブ会員入会時に専用の保冷バッグをタダで貰えるキャンペーンがあったり
エグゼクティブ会員のみの特別割引商品があったりと、ポイント以外にお得な面も。


実は、コストコは会員費で利益を得ている企業であり
販売されている商品の原価率の平均は9割だったりします。
驚きですね!

なので、入会時には受付スタッフがエグゼクティブへの会員登録を必ず勧めてきます。



スタッフさんはエグゼクティブ会員への誘導が上手な方ばかりですので、
エグゼクティブにする気の無い方は「通常会員で大丈夫です!」とハッキリ伝えてください。



▶ コストコでおすすめのクレジットカード


 以前はアメックスが使えたコストコですが、 
 現在はマスターのみが使用可能となっています。 
 
 VISAやJCBも使えませんのでここだけ注意が必要です。 



・コストコでのお買い物を最大限に楽しみたい!
・コストコ専用のクレカを作っても構わない!


ということでしたら迷わずコストコ グローバルカードが良いでしょう。


コストコでのお買い物に対し1.5%の還元率は破格です
(通常のお買い物に対しても1%と高還元)


また、コストコグローバルカードの年会費は1,375円(税込)ですが
初年度は無料、かつ年1回以上のショッピング利用があれば次年度以降も無料となります。


「カードを作ったはいいけれど一度もコストコに行かなかった!」
ということでもない限り、実質無料のカードですので一番にオススメしておきます。


カード信販会社はオリコですので、過去に余程の事故歴さえ無いかぎり
主婦でも普通に審査がおりる緩めのクレジットカードだと思います。

コストコ公式ページに飛びます



高還元でコストコのお買い物に特化したグローバルカード。
しかし大きなデメリットも付随します。



大きなデメリットは下記の2つ

リワード付与のタイミングが年に1回のみ

一般的なクレジットカードであればポイントは毎月付与されますが、
 コストコグローバルカードは年に1回しか付与されません(毎年2月に付与)
 2月を跨がない限りリワードを使うことはできません。


貯まったリワードはコストコでしか使えない

一般的なクレジットカードであればポイントはさまざまな商品やサービスに交換できますが
コストコのリワードはコストコ店内、またはガスステーションでしか利用できません


 「ガソリン給油を含めてもコストコで毎月5万円も絶対に使わないよー」 
 ということでしたら、既にお持ちのマスターカードで十分だと思います。

 クレカはVISAJCBしか持ってないよ! 
 という方のために、マスターカードをお得に作る方法を少しだけご紹介! 

 どうせクレカを作るのであればしっかりと儲けましょう!!


 簡単にエグゼクティブカード年会費の元が取れてしまいますので 
 この先も是非見て行ってください! 



▶ 少しでもお得に!(ポイ活しよう!)



ここからはちょっとポイ活が関わってきます。

コストコでのお買い物のためにマスターカードを作成するのであれば、
このdカード GOLDでマスターカードを作るのがアツい!!


docomoの公式ページからではなく
上の画像クリックから飛べる【 ポイントサイトのECナビ経由 】でdカードを作ることにより
235,000ポイント(23,500円相当)を貰うことができます。


さらに、カードを作る際、ドコモさんからの条件をクリアすることで
dポイントも最大13,000ポイントまで貰えてしまいます!


dポイントは使える場所が物凄い勢いで増えていますのでポイントを使う場所にも全く困りません。
めちゃくちゃ便利ですよ!


そして感じたのが、

何かあってもカスタマーセンターに爆速で電話が繋がります!
docomoさんのオペレーターさんが全員丁寧すぎる! 
電話する時間が無ければラインで質問をしておけばすぐにコピペではない返事が返ってくる!

 とにかく安心なのです 



ECナビを経由する際は、面倒でなければコチラからの登録をするとさらにお得です

⇩ ⇩ ⇩

毎日貯まるポイントサイト ECナビ

 どうせですから、Amazonギフト券もしっかり頂いておきましょう!