コストコ新商品デリカの『サムギョプサル』韓国豚バラ焼肉でスタミナを付けよう!たっぷり美味しいサムジャン付き

暑くてやる気がでない…そんなときにはコレ!
コストコの新商品デリカ、韓国豚バラ焼肉の『サムギョプサル』


2021年に購入をしたデリカの中でも特に美味しかったのでぜひ皆様に食べて欲しい…


▶コストコの『サムギョプサル』はどんな商品?


※ 7/8にオープンをしたばかりのコストコ守山倉庫店で先行販売されたこちらのデリカ、各店で随時販売が開始されると思います。


容器には「塩だれでしっかりと味付けされた厚切りの豚バラ肉」と「韓国の甘辛味噌・サムジャンが入った袋」が別々に入っています




固定の販売価格ではなくグラムあたりで計算される商品です。

【 127円 / 100g 】と記載をいたしましたが、サムジャンを含めての金額ですので豚バラ肉の単価ではありませんので注意。


サムジャンとは

コチュジャン、にんにく、ねぎなどを合わせ風味豊かに仕上げた手巻き焼肉用の味噌。 焼肉やご飯などをサンチュやレタスなどに包んで食べることを韓国では「サム」と言い、 「サムジャン」は「サム」をおいしく食べるための調味味噌ということですね!


うおー!豚バラ肉が長いー!そしてかなり分厚い!長いものだと30cmもありビックリします!



豚バラ肉には青ネギがまぶされていて、カットされた玉ねぎも入っていました。


こんなにたくさん必要?というくらいの大量のサムジャン…300gもあります



これはこれですごく美味しいので余ったら野菜スティックに付けて食べるのが良さげ。
ラーメンや素麺など麺類を食べる時のアクセントや味変にも良さそう!
納豆に入れても美味しかったのでおすすめですよ~

▶コストコの『サムギョプサル』を調理してみます


サムギョプサルを食べるのは初めての我が家…まずはコウケンテツさんの動画で作り方と食べ方を勉強しました!



なるほど~!
最初からお肉をひと口サイズにカットしてしまうと焼いている間に肉の旨味が流れ出てしまうのかな?大きなお肉のまま焼いて、焼き上がり前にキッチンバサミでカットするのが王道のようですね。


今回は鉄パンで焼いてみましたが、テフロンのフライパンでもしっかり焦げ目が付いて美味しく焼きあげることができました!



『油跳ねが気になる!』という時はキッチンペーパーで落とし蓋をすると良き!

ただし、火が移って燃えてしまわないようキッチンペーパーは必ずフライパンの中だけに収めて目を離さないようにしてくださいね!

油跳ね防止ネット(オイルスクリーン)をお持ちでしたら是非そちらを準備しておきましょう。




サンチュが無かったので巻く野菜はサニーレタスで代用!

コストコ宗家のキムチとフライドガーリックも準備!

ビールは絶対に忘れてはいけませんよ!


とりあえず好きな食材を好きなだけ巻いて食べるスタイルが良さげ。
大葉を一緒に巻いて食べるのが個人的に大ヒット!

とにかく一口でガブりといく!周りの目なんか気にしない!


お肉がたまらなく美味しいのでお米を食べたくなり、豚丼を作ってしまうという暴挙に…

これがまたやばい美味さでした…正直飛びました。
豚丼、絶対にやるべし!生卵のせも絶対! ご飯が無限にすすみます。



翌日も調子に乗ってこんなコストコ商品コラボめしを作成

コストコの冷蔵コーナーにあるプルムウォン 韓国冷麺にサムギョプサルを合わせたらこれがもう…
スープの爽やかさでただ焼いただけの豚バラ肉が100倍美味しい!

味変でサムジャンを溶かしたら冷麺スープも最高に美味しい。おいしさの掛け算。

コストコの『プルムウォン / 韓国冷麺は強いコシと爽やかなスープの本格冷麺
暑い日にさっぱりとしたいならコレ!コストコで販売のプルムウォン『韓国冷麺』盛岡冷麺や鶴橋の冷麺など想像していたものと全然違いコレは酢も甘みもかなり弱く、ふんわり出汁の素朴で優しいスープとなっています。焼肉屋で食べる冷麺とは一風変わった優しい味のさっぱり冷麺


▶コストコの『サムギョプサル』の原材料名と栄養成分表示



▶コストコの『サムギョプサル』の消費期限

加工日を含めて3日間

▶コストコの『サムギョプサル』の総評


結論!コストコの『サムギョプサル』はマストバイ!



食べて!いいから買って食べてみて!
これ今年に購入したデリの中でもかなり上位の美味しさ!!感動した!!

同じデリカの「豚の味噌漬け」もかなり美味しくて甲乙つけがたいけれど…こちらは家族でわいわいとホットプレートを囲んで楽しくいただけるのが最高なポイント!
絶対に絶対におすすめの商品ですよー!


HOME

インスタグラムにてコストコ商品紹介や豆知識など毎日更新をしています!
⇩⇩⇩

スポンサーリンク
デリ
ことりstyle